漢方医に見立ててもらった漢方薬のおかげで外出できるようになりました。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
積極的安静法
2006年04月24日 (月) | 編集 |
(前のブログから転記)

たしか阪大のホームぺージに載ってたんだと思う。

いつもより動けるなーと思っても、ひたすら可能なかぎり休養を取る、
というやつだ。


それ以前に「動けない」ことが多いので、つい、
ちょっと動けるようになると、
ああ、あれもやらなくちゃ、これもやらなくちゃ、
と思って、掃除したりおかずの作り置きなんかして、
今のうちに、とか思って、ついがんばってしまう。

みんなそうだよね?
やらなくちゃいけないことはいっぱいあるし、
気持ちはあせるし。

でもこれを試してみて、元気がある程度「充電」できるものだと分かった。
用事のある日は一週間前から、
横になることを最優先にして過ごす。
あらゆることに手を抜きまくり、
少々元気があっても使い切ったりしない。


ただねえ・・・。
これ読みながらみんな思ってると思うけど、

「それが出来れば苦労しないよ」

そう。ここまでこじらせるということは、
そうできない環境にあるってことだよね。

でも5分でも横になると絶対違うし、
やることやらないで寝てることに罪悪感を感じたら、
「えー、これは積極的安静法と言う治療法の一種で~、」
と自分に言い聞かせるだけでも、
ちょっと寝やすいと思いますよ。

休養しようよ。
疲れてるんだから。

( 2005/10/2(日) 午後 6:32 )
スポンサーサイト
---------------------------------------------------------------

2006/04/24 12:41 | CFSこれまで試したこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
青汁。ケールの
2006年04月24日 (月) | 編集 |
2005/10/31(月) 午後 1:38 | CFSためしてみたこと | その他の病気




いつか絶対に書かなくちゃと思っていた。
もうちょっと頭が切れる時にって思ってたけど、そんなのいつになるか分からないので。


青汁効きました。

青汁といってもいろいろ出ていますが、
ケールの青汁限定です。

小麦若葉とか、小松菜の青汁とかも飲んでみましたけど、
効果を感じたのはケールの青汁のみです。

私が飲んでいるのはキューサイの冷凍ですが、
コンビニで売っていた他社のものでも同様の効果を感じました。


初めて飲んだのはたしか4年ほど前。
マグネシウムを摂取する目的でした。

マグネシウムって、筋肉を弛緩させる作用があるそうで、
カルシウムの代謝にも関わっているミネラルで、
炭水化物中心の食事や加工食品ばかり取っていると
不足がちになるんだそうで。

豆とかでもいいって書いてあったけど、
マグネシウムってたしか花火の緑色を発色させる成分じゃーなかったっけ?

と思って、緑色=青汁、という発想でした。

ビタミン類も豊富だっていうし。

この不調は野菜不足のせいかもしれないし。
(朝抜き、昼ミートソーススパゲティ、夜コンビニおにぎり2つ、っていうのを
 しょっちゅうやってた時期がかつて長くあった)

青汁を始めた時期はもうちゃんとした食生活をしていたんだけど、
胃腸が弱いから青汁の方が吸収しやすいかも?とも思ったし。


飲んで、一回目で、突然身体が動く。
どうしちゃったの?

というくらいの効果でした。

当時はトイレに行くのも辛い、
食事を取るのも一仕事、
食事の準備をしたら死にそうなくらい疲れるので、
準備してから休養してからでないと食べられない、
食べたらそれを消化するのにものすごくまた疲れる、
という生活レベルでした。

飲んでから消化するために横になっていたら、
突然、起きたいなと思い、
すたすた歩いてトイレへ。
・・・・重力が半分になった?木星から地球に戻ってきた?


それから青汁は手放せなくなりました。
きらすのが怖い。
体調がましになって、初めて家族で遠出(っていっても大して遠くないけど)したときも、
お守りのように持っていきました。


どうしてこんなに効いたのか。
良くわかりません。

小松菜や小麦若葉などは普通の野菜スープと同じ効果だったのだから、
マグネシウムやビタミンともいまひとつ考えにくい。
酵素だとしても、それなら冷凍の生の小松菜青汁だって同じ事なはず。


ひょっとして、もしかして、
ケールの青汁って、セロトニンだかなんだかが含まれてるって言ったような?
もしかしたらそのセロトニンが効いたのかも?


青汁は、「まずい!」っていうイメージが強いと思いますが、
私はそれほど強烈に不味いとは思いません。

牛乳と混ぜたり、トマトジュースと混ぜたりすれば、普通に飲めます。

すくなくともプロポリスの10倍はマシ。

おすすめします。
---------------------------------------------------------------

2006/04/24 12:43 | CFSこれまで試したこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
整体
2006年04月24日 (月) | 編集 |
2005/11/17(木) 午後 3:05 | CFSためしてみたこと | その他の病気




整体って、国家資格とか統一されたものがないんですね。


ウチの近くには2カ所、同じくらいの距離だったので両方行ってみました。
どっちも整体と名乗るなんて変、っていうくらい違いました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


一カ所目は、カタカナの名前で、入るとアロマの香りがして、明かりは白熱灯。
マッサージがとても上手で、極楽の時を味わえます。
終わると重力が半分に。

でもマッサージはいいけど、整体はまったく効果が感じられず。

丹念にもみほぐしてもらって、2日ぐらいはすごく体が軽いけど、
根本的に治るわけじゃないからまたすぐ元通りに。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


二カ所目は、漢字の名前で、明かりは蛍光灯で、骨格標本が飾ってあります。

最初にみっちり、体のゆがみをチェックします。

マッサージなし。その代わり怪しげなマイナスイオンなんたらをかけつつ
しばらく横になります。そのあと整体。

整体はちっとも気持ちよくなく、痛いばっかり。
しかし、なぜか終わった後、体が軽い。
翌日からしばらく肩こりも背中の痛みも首のコリも半減。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


正直言って、一カ所目の人と二カ所目の人と、
一緒に開業してくれないかな、というかんじ。

一カ所目の人がもみほぐして、二カ所目の人が整体する。
バッチリなのになあ。

関係ないけど一カ所目の人は声がルパン三世そっくりだ。


二カ所目には、体の正しい姿勢を習いに行く、というかんじがする。
そこで、絶対に三角座り(体育座り)はしてはいけない、
足を組んではいけない、カバンは左右均等に、と言われた。

ちなみに私はだいぶ左右にゆがんでいた。
確かに昔から証明写真を撮るときに、首が曲がってると指摘されてた。



二カ所目のところには4回通って
かなり体は正しい姿勢になって、肩こりはずいぶん良くなったけど、
脊椎のゆがみが根本的な問題ではないのだということは分かった。

それが7月。

翌8月、つてをたどって次は大学病院に。




あれから時間がたったので、また姿勢がもどってきた。
何ヶ月かに一度くらいで通うと肩こりや背中のコリにすごくいいと思う。
ただしけっこうお金がかかる。


---------------------------------------------------------------

2006/04/24 12:43 | CFSこれまで試したこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。